株式会社ワッツ

沿革

1995年 2月 大阪市中央区に資本金1,000万円で(株)ワッツを設立。日用品・雑貨の100円ショップ事業を開始
5月 (株)久松より神奈川県三浦市及び長崎県下県郡厳原町の店舗及び商品を譲り受けるとともに従業員を引き継ぎ、日用品・雑貨のディスカウントショップ事業を開始
11月 本社を大阪府東大阪市に移転
1997年 8月 滋賀県犬上郡豊郷町に物流センターを開設
2002年 5月 店頭(ジャスダック)上場
2003年 3月 第9期事業年度より、従来の12月から8月に決算期を変更
2003年 12月 本社を現在の大阪市中央区城見一丁目4番70号 住友生命OBPプラザビルに移転
2005年 3月 100円ショップ事業を地域別に分割し、(株)関東ワッツ、(株)中部ワッツ、(株)関西ワッツ、(株)中四国ワッツ、(株)九州ワッツの5社を設立
9月 (株)三栄商事及び(株)シーエムケー・トレーディングの株式を取得し、子会社化
2006年 5月 大黒天物産株式会社との共同出資による(株)バリュー100を設立
9月 物流業務全般を(株)丸和運輸機関へ委託
2007年 3月 (株)オースリーの株式を取得し、子会社化
9月 (株)関東ワッツが(株)三栄商事を吸収合併(存続会社は(株)関東ワッツ)
2008年 6月 ㈱ワッツオースリー販売を設立
8月 販売子会社6社((株)関東ワッツ・(株)中部ワッツ・(株)関西ワッツ・(株)中四国ワッツ・(株)九州ワッツ・(株)オースリー)の100円ショップ事業を(株)ワッツオースリー販売へ事業譲渡
9月 事業譲渡後の販売子会社6社を吸収合併。(株)ワッツオースリー販売の営業開始
2009年 1月 タイ王国バンコクにThai Watts Co.,Ltd.を新規設立
2010年 4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQへ上場
12月 インテリア雑貨輸入卸の(株)あまのの株式を取得し、子会社化
2011年 5月 (株)ワッツオースリー北海道を設立
2012年 3月 中国浙江省に寧波喜美客家居用品有限公司を設立
10月 マレーシア国クアラルンプールにWatts Harrisons Sdn. Bhd.を設立
2013年 5月 Thai Watts Co.,Ltd.の株式の一部を現地小売企業に譲渡し、合弁会社化
6月 (株)大専の株式を取得し、子会社化
7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)へ上場
8月 東京証券取引所市場第二部へ市場変更
9月 中国上海市に上海望趣商貿有限公司を新規設立
2014年 3月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定
5月 (株)シーエムケー・トレーディングを吸収合併
8月 ペルー共和国リマにWatts Peru S.A.C.を新規設立
9月 (株)ワッツオースリー販売の中四国エリアの事業を会社分割し、(株)大専に引き継ぐ吸収分割を実施。(株)大専は、(株)ワッツオースリー中四国に商号変更
2016年 3月 (株)ワッツ・コネクションを設立
4月 ファッション雑貨店「BuonaVita(ブォーナ・ビィータ)」の運営に関する事業を(株)ワッツ・コネクションへ譲渡
5月 Sostrene Grenes Holding Aps及び(株)元林との共同出資による(株)ヒルマー・ジャパンを設立
9月 国内100円ショップ事業の運営子会社である(株)ワッツオースリー販売、(株)ワッツオースリー北海道、(株)ワッツオースリー中四国の3社を、運営実態に合わせ、(株)ワッツ東日本販売、(株)ワッツ西日本販売の2社に再編